施工例の紹介

どんな家でも古くなると外壁や屋根が劣化し、見栄えが悪くなります。
塗料の材質や職人の腕にもよりますが、だいたい10年ごとに外壁塗装や屋根塗装をすることで、家を長持ちさせられます。
塗装を依頼するときは、信用できる業者を選ぶことが大切です。塗料を減らして手抜き工事をされても、素人がその場で判断するのは難しいからです。
数年後に雨水が漏れはじめて、やっと手抜きに気づくことになります。このような事態を避けるためにも、複数の業者から相見積もりを取ったほうが良いでしょう。
見積書は料金だけで比較するのではなく、内容までよくチェックします。これは料金を下げようと思えば、手抜きしていくらでも下げられるからです。
ひとつひとつの項目を細かく見積もっているか、塗料の種類まで書いてあるかなどは、重要なポイントになります。
全部まとめて幾らというような大雑把な見積書は、あまり信用できません
また「今だけ特別に割引」などといって契約を急がせる業者は、避けたほうが無難でしょう。頼んでもいないのに売り込みに来る訪問販売業者には、特に注意が必要です。
見積書も契約書も詳細に作る業者なら、仕事も職人気質で丁寧と考えられるので、長持ちする塗装が期待できます。

屋根塗装のポイントですが、外壁の場合と同様に、屋根は塗装によって防水性などの耐久性が保たれています。
そして、屋根の場合は外壁以上に紫外線や雨風の影響を受けますから、外壁よりも耐久性は短くなってしまうのです。
ですから、屋根は10年に一度は塗装をする必要があるのです。
それ以上の期間塗装をしないでおくと、雨漏りを起こし、防水工事が必要になってくることがありますから注意してください。
また、外壁と同時に屋根の塗装をすることで、足場の組み立ても1回で済みますから、コスト削減にもつながります。
外壁と屋根の塗装の費用は、インターネットの一括見積もりサービスを利用して調べると良いでしょう。